スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子が抱える小さくて大きいモノ2

09 14, 2006
先日息子の吃音について書いた時は、それはそれはすごい勢いでこのままいくと
軽ーく連載10回くらい行っちゃうんじゃないかと思うほど_(^^;)ゞ
だけど不思議なことに一気に書いて、みなさんからのコメントを読んでるうちに
・・・ものすごくスッキリ♪ 私も相当溜まってるものがあったんだなと実感しました

優しいコメントを下さった皆さん!本当にありがとうございました
色々と考える中でじたばたオロオロしてたけど、皆さんにお返事を書いてるうちに
息子の吃音に対する自分のスタンスみたいなものを改めて思い出したような気がします。

吃音っていい時と悪い時の波があるんですよ。ちなみに今の息子の状態は・・・
多分今までで一番ひどいかも(‥;) ブログを開設して8ヶ月も経ってあんな記事を書いたのも
息子の状態がよくないからに他ならないワケで。

不思議なことに吃音は、歌を歌う時や独り言、大勢で一緒に言う時なんかは全く出ません。
一人ではどうにも進まない音読も、一緒に読んでやるとスラスラに読める。
1学期よりもひどい今の状態で、学校での本読みなんかはどうしてるんだろう?
気になって聞いてみると…。出来そうにない時は飛ばしてもらっているという。
(↑多分ほとんど読んでないと思われるε-(;ーωーA フゥ…)

よくない。と思いました。

※↓続きはコチラから(長いです)
読まなくていいというのは確かに気が楽かもしれません。
だけど、「出来ません」と言ったあと周りの子が読むのを聞きながら
あー、よかった!ラッキー♪なんて絶対に思わないハズ。
読まなかった自分、読めなかった自分を再認識して負い目を感じて苦しいはず・・・。

吃音があるからやらなくていい、ではなく出来るだけやらせる方向で持っていって欲しい。
どうしても無理なら、家で私が一緒に読むように学校でも先生なりお友達なりが
一緒に読んでくれれば読める…ハズ。
誰かの助けを借りることで恥ずかしい思いをしたり、傷つくこともあるかもしれない。
だけど、それでも精一杯頑張ってる姿に励ましや優しさをもらえるかもしれないし
頑張ってるね!と褒めてもらえることもあるかもしれない。
「読まない」というのは恥をかくことも傷つくこともない代わりにそんなプラスの経験もなく、
どんどん内にこもる思いが溜まっていくような気がする。
それに今から逃げ隠れすることを覚えるのは絶対に良くないと・・・

翌日には学校に乗り込んで行きました

おっと。その前には夫とも相談…。私たち夫婦はこんな時同じ意見とは限りません。
というか、違うほうが圧倒的に多いΣ( ̄ロ ̄lll) ガビーン
カーッとなると自分の考えしか見えなくなる私に夫の意見はいつも新鮮だったり、
違う方向を示してくれたり。今回もずいぶんと食い違いました

 夫>そんな特別扱いがいるんか?自分でどうにか乗り越えるべきやろ?
   誰かに一緒に読んでもらうってのは、何て言うか…運動が苦手な子のために
   順位がわからん競技とか順位をつけないとか、そんなのと同じような気がする。

うーん。そんな風に考える人もいるかー。私はむしろ目の悪い子がいれば
前の席の子が替わってくれるとか足を怪我した子がいれば荷物を持って一緒に
ゆっくり歩いてあげるとかそんなイメージなんだけどな。
あっ!アレだアレっ!『タイヨウのうた』で防護服を着て太陽の下に出るのが
恥ずかしい薫のために、孝治たちみんなが防護服を着て連れ出したアレっ!
(すす、すみませんっ!見てる人にしか分かりませんね
   
それに一人で乗り越えさせるのはわずか10歳の子にはまだまだキツイ話。
みんなの前で一人で涙を浮かべてどもりながらそれでも自分で乗り越えろとは酷すぎる。

一人で読むのも無理、飛ばしてもらうのも良くない。じゃあ、助けをもらうしかないやん。

 夫>言いに行くのはいいけど、言葉には気をつけろよ。出来るか出来ないか聞いて
   飛ばしてくれるってのは究極の「配慮」やで?それを配慮の仕方が違うって
   文句言いに行くみたいになったら、先生も気ぃ悪くしはるわ。

(;゜ロ゜)ハッ!そそ、そうだね。←そんな勢いで行くつもりになってた人ですハイ

まずは言葉の教室の先生に私たちの考えを伝えに行きました。校区外からも来るので
先生は放課後までいつも忙しそうです。吃音の子もいれば、言葉の発達が遅い子、
構音障害(さ行がしゃしゅしょ…みたいになる)子など結構大勢いるようです。

先生が言うのには、吃音の子は自分が失敗したことや出来なかったこと、傷ついたことを
絶対に親に言わないそうです。それはいうなれば性の恥ずかしさに似てるとか。
決して悪いことでも恥ずかしいことでもないんだけど、なんか悪いコトをしてるような気がして
まして親には言えない…って感じ。幸い息子は表情にテキメンに出る子なので
何かあったなというのはすぐに分かるのですが、確かに具体的なことは絶対に言わないなぁ。

とにかく、それで本読みのことや日直(←スピーチあり)のことなど対応を決めて
先生から伝えてもらった上で私も担任の先生と話すことにしました。

その後担任の先生とも話したのですが、先生も2学期になってひどくなってて困惑してたみたい。
今まではどもってでも最後までやり遂げていたのに今は全く、本当に全く声が出ないそうで…。
それもみんなの前で一人で何かを言う時だけらしいんですけど←これがまた不思議でしょ?
だけど普段の生活を聞いてみると一人で発表する以外はものすごく元気だし
吃音もあるけどいつも大勢の友達と大声で賑やかにしていると…。
友達だけは本当にたくさんいる子で私もとりあえずホッ(´▽`) 。

吃音って言語障害ではなく「コミュニケーション障害」というそうです。
確かに見ていると言葉そのものよりも、対人関係の問題って感じ…。
絶対に避けては通れない人との関わりの障害なのですから大変ですが
コミュニケーションは相手あってこそ。言い換えれば相手次第では障害にならないことも
あるわけです。

そういう意味では息子は恵まれてます。今も帰ったと思ったらバットとグローブかついで
大勢の自転車軍団と共に公園野球に飛び出して行ったし、友達もたくさんいるし

ホント、今日の日直のスピーチがどうだったのか、本読みはやってみたのか
聞く暇もありゃしないっΣ川 ̄▽ ̄;川オイ?!

またまた長々と書いてしまいました~(;´▽`A`` お付き合い頂きありがとう♪(*^∇^)ノ”

-6 Comments
By わらわら09 14, 2006 - URL [ edit ]

なんか一番で来るつもりはなかったんだけど・・・・一番だった^^;
そうだなあ~~私の意見はすべてご主人の意見同じ
よ~く友達にも言われます、うちの夫と同じこと言っているって
以前ツバメの雛を拾った新聞記事の事をブログに書きました
「探鳥会」http://warawara2005.blog38.fc2.com/blog-entry-160.htmlです
ツバメは小さくて一人だちができるのですって
息子君10歳だけど、小さな頭で考えている精一杯の大人なのでわ
意識と言うのことが芽生えてきたのではないでしょうか・・・
でも彼は考えていますよ(まだ見ぬ息子君にそんな意気込みを感じます^^)自分で模索しながら抜け道を(せこい抜け道でもいいと思いますそれも人生生きていく為には必要です)
でもkazeさんの努力はそれでいいのです
子供は母さん・父さんの努力が大好きです、隠れて感謝します
kazeさんのファイトが息子君に通じます^^
ごめんなさいね、吃音については何も知らないのに・・・・
生意気なことばかり書いて、まあ~~人生は少し先輩だから
私もkazeさんに影響されて(いや自分が書きたくって娘の事書きました、3部作くらい行くかなあ^^;参考になりましたら)
あ~ぁぁぁまた長くなってしまいました<(_ _)>

By kaze09 14, 2006 - URL [ edit ]

>わらわらさん
うーん。わらわらさんみたいな意見もあるかぁ。ツバメの記事も読みました。
小さな子供には大人が思う以上の力がある…私もそう思います。
そういえば吃音が出た頃、オレも言葉のいらない動物がいいと言ってたこともあったっけ。
だけど息子は言葉が不可欠な人間で、強いモノも持ってるけど
とにかく不器用で方法を知らない子供です。状況を説明できないのも吃音者のツライところ…。
今回言いに行ったこと、後悔してません(普段の私は決して乗り込んだする性分じゃないんですよ~)
多分先生や友達と一緒に読むというのもとてつもなく恥ずかしいと思う。
わらわらさんの言う通り、息子が成長してきたせいもあるんです。自意識の芽生えってヤツ?
自分の姿がはっきり見えてきたんだろうなあきっと。
だけど、だからこそ今逃げるようなことはして欲しくない。吃音を隠すということは
話さない=人との関わりを拒否することにもなりかねないので~。
あと吃音者にとって、人前でどもって話せなかったりそのことで何か言われるというのは
さらに吃音を悪化させる原因になると言われてます。
私が言いにいったことはあくまで一つの方法…授業の中で自分と一人戦うのは息子。
私が出来るのはここまで。あとは見守るしかできませんねヾ(;´▽`A``アセアセ
私も長くなっちゃいました。いつもご意見嬉しいです♪ありがとうございます!
娘さんの記事、楽しみに読ませてもらいます♪(*^∇^)ノ”

By 妹・のぶりん09 14, 2006 - URL [ edit ]

なんだか、今朝お姉ちゃんに意気込んで電話した「夫婦喧嘩」が、とてもとても非常~にくだらないわ。。 「うんうん^^」って聞いてくれてありがとう~^^。
 私は本読みの方法はお姉ちゃんに賛成です。教室はたくさん友達がいる場所。誰かと一緒に読んでみんなが(彼も)本読みに参加できれば素敵だと思う。そして、みんなと同じように順番が回ってくることを、彼も自然に緊張したり悩んだりせず待てたら、もっといいね^^。音楽で1人で歌うのは照れるけど、みんなで歌えば大声で歌うやろ?彼の本読みもそれと似てない^^?
・・・なんか、今めっちゃ、彼に会いたいわ。あの「ニカッ^^」と笑う笑顔に会いたいです。

By kaze09 15, 2006 - URL [ edit ]

>のぶりん
なんだかウケちゃうような夫婦喧嘩も今回の息子のこともどちらも日常のひとコマ、一緒よん。
なんかねー、普段元気でうるさいだけに途端にできないことがあるってのがなんとも…i-229
言葉の教室の先生も、いくら先生公認とはいってもく面白く思わない子もいるだろうし、
何よりも本人が負い目を感じるようなことは避けた方がいいと。
まだ本読みの順番は回ってきてないみたいだけど、昨日の日直のスピーチは
本人が言うにはほんの1行しか読めなかったけど、先生に手伝ってもらいながら
なんとか終わったみたいでホッとしてました♪(*^∇^)ノ”
いつもご心配かけてごめんね~。ありがとうi-176

By なでしこ09 15, 2006 - URL [ edit ]

私はkazeさんと同じ意見です。
読めないからとばす、のでは子供に「出来ない」という
劣等感を持たせ、他の子にも「あいつは出来ない」と
思わせてしまう気がします。
どもらない音を探して、行数も少なく、先生がさりげなく
フォローする。
息子さんの気持ちを考えると、何が一番いいのか、
難しいですよね。
学校と連携を取りながら見守るしかないですね~。

By kaze09 15, 2006 - URL [ edit ]

>なでしこさん
3年生の時は音読も一行ずつだったので、自分でここなら読めると先生と交渉してたみたい。
でも4年生になってからは段落一つ全部読むみたいで…(‥;)
「みんな一緒に」から学年が上がるごとに「一人で」になっていくのだそうで…。
中学の英語とか気が重いですよね~。難しい時期を迎える前にできるだけたくさん
プラスの経験をして欲しいと思ってます。
ブログを通じて同じ悩みを抱えるなでしこさんに出会えたのはホントに嬉しいです(^^)v

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

kaze

Author:kaze
愛媛在住の関西人

<好きなこと>
 パン作り ピアノ
 たまに石けん作り
 手芸は広く浅く
 (今楽しいのは
 ポジャギとアジアンノット)
 韓国ドラマ
 空をみること

夫と娘(高3)息子(高1)の4人家族

夫の転勤で愛媛に来て
ついに10年目。
日々の生活は時間がある分
手をかけ丁寧に。
といっても無理はせず
自分が心地いいのが
一番ですね(^^)

WEBパン教室5期生として
試行錯誤しながら楽しく
自家製天然酵母のパンを
焼いてます。
(多忙につきちょっとお休み中)

今日も優しい風が吹きますように。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
リンク

月別アーカイブ
01  12  11  10  09  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。