スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子が抱える小さくて大きいモノ

09 08, 2006
新学期が始まって一週間♪(*^∇^)ノ” 外は秋めいてきて家族がそれぞれの場所へ
出て行ったあとの家は静かで心地いい(´▽`)・・♪
夏休みが終わってやれやれ~…ではあるけど、新学期の初めというのは
私にとっては気が重いこともあって。

ここへ来てくださる方々は、私の息子にどんな印象をお持ちでしょうか?
野球少年、活発、よく食べる、肉好き、母さん大好きな甘えんぼ…。
どれもこれも確かに我が息子♪(*^∇^)ノ” 当たってます。
ですがもう一つ。ここに書いたことはなかったけど息子には背負っている重荷があります。
それが・・・吃音(←”きつおん”と読みます。いわゆるどもりというヤツ)

言葉が少しつまるというのは親からみれば息子を語る上ではほんの一部に過ぎないのですが
息子にとっては他の全てを否定するほど大きなモノだったりします。

緊張を伴う新学期はなによりも息子の状態が気がかりで、送り出してから帰ってくるまで
ずーっと気が晴れることはないほど。
ブログに向かっても何も書けなくて、今一番聞いて欲しいのは息子の吃音のことだと気付き
少しずつ書いてみようと思ったワケです。

発症したのはちょうど2年前。2年生の2学期でした。ただ、幼児期にもどもっていたことが
あるので、もしかしたらもともと持っているモノはあったのかもしれませんが。
吃音の発症は100人に一人の割合と言われいまだに原因も治療法も解明されていません。
ですからこれから書くのは原因というよりもあくまでも私が思うきっかけだと思って下さいね。

当時クラスには乱暴な子がいて、殴る・蹴る・壊す・乱暴な言葉を浴びせるなど
その行動は目に余るものがありました。髪型がまたすごくていわゆるモヒカンΣ( ̄ロ ̄lll)
そのモヒカン部分を金だのピンクだの紫だのに染めてくるという乱行ぶりはもはや理解不能。
その子に対して先生はどう対応をしたかというと…「目には目を歯には歯を」
つまりその子が叩いたら先生も同じように叩く、蹴ったら先生もその子を蹴る。

当時7歳だった息子はその子の乱暴も先生がその子を怒るのも怖くて仕方なかったようで…。
先生がいうには体の大きい息子は直接乱暴されることはなかったし、
先生に怒られるようなこともなかったそうなんですけどねε-(;ーωーA フゥ…

そうこうしてるうちに感覚的には突然です。どもるようになって、夏休み明けには
学校へは行きたくないと泣くほどのヘコみっぷり。私も慌てましたホントに。
だけどなんて先生だっ!と思っていたこの先生、吃音が出た後の対応はとっても迅速で
頼りになりました。ちなみに今は娘の担任。高学年ではすこぶる評判のいい先生です。
やっぱり先生にも向き不向きってのがあるのかもしれませんね。

その頃息子を苦しめていたのが「朝の健康観察」というものでした。
出席番号順に名前を呼び、呼ばれたら「風邪気味です」とか「元気です」とか答えて
次の子の名前を呼ぶ。この次の子の名前がどうしてもつまって言えなかったのです。
朝トイレの中や部屋の隅で「きー、きき、き、きた○○○さん」と小声で練習したり
息を吸ってみたり一語一語区切るように言おうとしてみたり一人で練習する姿に

そんなことも含め新学期早々先生に相談して、息子はとりあえず言葉の教室に通い始めました。
週に一回。授業を抜けての通級なのですが、たまたま息子の通う小学校に設置されていたのは
ラッキーでした。というのも、もし他の学校だったらその学校まで親が送り迎えしないと
いけないし、そうなると到底1時間抜けるだけでは済まないでしょうから。

授業を抜けていくことに抵抗を感じるかもという私の思いに反して
自分でもどうしたらいいのか分からなかった息子はとっても喜びました。
それともう一つ大きな効果が。吃音なんて知らない子供たちというのは残酷なもので
真似をしたり、笑ったり、変なのーとかちゃんと言えやとか平気で言ったりします。
決して悪意があるわけじゃないんだけど、対して受ける息子にとっては残酷な言葉。
それがこういった特別な教室に行くということで即理解してもらえたんですね~。
その後はからかう子もいなくなって、むしろみんなが温かく見守ってくれるように
なったのが通級の最大の利点かも。クラスが変わっても言葉の教室へ行くということで
最初に先生が息子の状態も授業を抜ける理由も説明してくれて、簡単に理解も得られたのです。

長くなってきました。何も考えずに書き始めたのですがここまで一気でした≧(´▽`)≦
なんだかまとまりのない記事ですがそろそろ夕飯の用意をせねばっ!続きは後日にでも♪

こんなことを書いてますが、息子はご存知の通り元気です。今日も野球の練習に行ってるし
明日は試合だと張り切ってるし♪(*^∇^)ノ”

ここまでお付き合い下さったみなさん!ありがとうホントに


-12 Comments
By わらわら09 08, 2006 - URL [ edit ]

そうか~
楽しそうなkaze家にも悩みが
私の答えです
いいんじゃないかなあ~ ほっておいても、今通って学んでいることは続けて
吃音がでた彼の性格を大事してあげたいです
今回は私のコメント長くなるかなあ
うちの息子、中学・高校野球部、お=坊主だよ、野球終わったよと
髪を伸ばし始めたら・・・・・・
「薄い」本当に薄いのです
私は見て見ない振り・・・・・・・・
大学は落ち(おいおい)一浪・・・・
2年目も落ち。。。おいおい
なんて言っている間に前髪がなくなり・・どうしようてって私・・・
「あなた公務員向いているよ」まじめな子です私の意見にも耳を傾けてくれて、3年間公務員の学校に通って就職試験です
彼の頭、見事でした・・(でも見たくない違うって言うのが私の思いかなあ)めちゃ不利でした容姿は重要です
まあ~~彼は何とか社会にでてくれました(私は彼が訴えてきたら何とかしようって、でもつらかったかなあ)
就職して数年過ぎたある日夫が、今気がついたように彼の頭をどうにかしないといけないって、今かよ~~って
そうだなあ~彼の気持ちを尋ねたことがなっかた私は、聞かないといけないって、「アデランスでも資金は出すよ、病院治療に費用も出すよ」彼の答えは「いいや大丈夫!」嬉しかった私は彼の元にバリカンを持って、「散髪代はいらないよこれでいつも坊主にって・・・そして今でも坊主です^^
この子はこんな子でした
いろいろな子がいます、その欠点を直すより、なんかそれでこいつが強くなる!
nnnnn相手を理解する
絶対あると思います、その環境におかれたことが人生ラッキ!
でも性格はいろいろです、kazeさんなら見ることができるでしょうわが子の性格
kazeさんのうちの環境
私は大丈夫だと思います^^

私は思います
原因になった彼の気持ち
その優しさを大事にしてあげてください

By hirorin09 08, 2006 - URLedit ]

わらわらさんのコメントの最初の部分、私も書こうと思ってました。
いろんな事があったのね。
どこかのサイトで、
その子に与えられた試練は、その子だから乗り越えられるんだ!って・・・
kazeさんちなら大丈夫でしょ~
ちゃんと、子供の事も見てあげられるから
見習わなくては・・・・

By りんご09 08, 2006 - URL [ edit ]

大きなものを抱えていたんですね。

悩みも不安も、違う方向からやさしい風がふけばまた感じ方も変わってくるかもしれませんね。

息子さんにやさしい風がたくさん吹きますよーに(^^)

By Hitomi09 08, 2006 - URLedit ]

息子さん、と~ってもいい子ですよね~!元気いっぱいで♪kazeさんのブログでいつも感じてます(^^)
kazeさんも子供の事をしっかりと見つめていて凄く尊敬してます。私にも出来るのだろうか・・いい親になれるのだろうか・・ってね。
息子さん、『言葉の教室』に通う事が決まった時にとても喜んだという話、
前向きな気持ちが強く伝わってきました。
家庭環境も大事ですが、学校で過ごす時間も多いから学校での環境も、そして先生も本当大事なんだなってつくづく思いました

周りの皆の協力があるってのも有難いですよね。

By kaze09 09, 2006 - URL [ edit ]

>わらわらさん
素敵な息子さんですね~。きっと悩んだりいろんな思いをしてきたハズですよね。
息子もこれからが難しい時期になると思います。わらわらさんの息子さんみたいに
吃音があっても自信持って、吃音なんて自分のほんの一部だと、自分の可能性とか
能力に比べればちっぽけなもんだと思ってくれると嬉しいのですが…。
だけど今は私のそんな思いもなかなか通じないのがもどかしいところ…。
わらわらさんが言うように、吃音は息子の真面目さや優しさが仇になったようなもの。
分かってくださって本当に嬉しかったです。思わず泣けちゃいましたi-201
このコメントをもらうためにわらわらさんに出会ったような気さえします。
ありがとうございました♪

By kaze09 09, 2006 - URL [ edit ]

>hirorinさん
いろんなことがあって、多分これからも…(‥;)
吃音は確かに息子の試練ですが、同時に母としての私の試練だとも感じてます。
神様は私にどうしろと、どうやってこの子の助けになれと言っているのか
何かあるたびにオロオロして考えて。
でも野球をしてて本当によかった。自信もつくし(←いや、怒られて凹む方が多いか?!)
気も紛れるし、体力を消耗してくれれば余計なことは考えなくていいし≧(´▽`)≦
とにかく前へ前へ出たがりの性格が吃音のせいで後ろへ引くことのないようにと
願うばかりです。

By kaze09 09, 2006 - URL [ edit ]

>りんごさん
ありがとう♪(*^∇^)ノ”子供の言葉ってストレートだから時には冷たく刺さるように
感じる風が吹くことも多いけど、逆に温かく聞く姿勢を見せてくれる子もたくさんいて
ありがたいなぁと思います。同じモノを背負っていてもそれをどう捉えるかはその子次第。
息子もたくさん悩むだろうし、嫌な思いもするだろうけど、優しい風を感じることを
忘れずにいて欲しいですね♪私もせっせと優しい風を送り続けねばっi-192

By kaze09 09, 2006 - URL [ edit ]

>Hitomiさん
尊敬だなんてとーんでもないっヾ(;´▽`A``アセアセ 迷ったり悩んだりすることばかりですョ。
だけど親の私が言うのもなんですが、いい子なんですよホントに。
生まれた時から私の何よりの癒しですi-260それだけに元気ないとこっちまで悲しくなっちゃいます(‥;)
本人ももし治療法があればどんな努力をしても苦痛を伴っても頑張ると思うけど
どうにも出来ないのが一番もどかしいところです。
成長とともに色々と工夫をしたり言葉を言い換えたりすることができるようになるみたいですが…。
「いい親になれるだろうか」そんな風に考えれるHitomiさんは
絶対に!いいお母さんになれると思うヮ(^^)v

By メロンパンナ09 09, 2006 - URLedit ]

違うところに来たかと思いました~これもまた素敵ですよ。
どこの家にでも悩みってあるけど、子供さんの事となると、自分の事よりつらいですものね。kazeさんも大変な時もあるかと思います。家の息子は小さい頃から誰に似たのか結構負けず嫌い!でも早生まれのため、幼稚園の頃はなかなか体力的に追いつかない。幼稚園が遊びのみの、公立幼稚園で一輪車、こま、登り棒などが盛んなところで、早生まれの息子は、こまがなかなか出来ず・・・チックがでたのにびっくりでした!!それからというもの、朝から晩までこま、こま・・・出来るようになったら、ぴたっとやんだけど・・・そんな子だから、それからはなるべく、なんでも人より早め、早めに練習し、皆より早く出来るように心がけたわ~そうしたら、なんでも結構人より出来るぞという自信がついて、息子にはよかったみたい・・・その子、その子によって対処の仕方がいろいろあって、難しいけどね。吃音もチックも精神的なものってかなり影響してるような気もするけど、チックは大体母が忘れた頃に治るらしいと小児科の先生がいっておられた(要は気にすると治らないといいたかったと思う)
小学生になってからでも、時々なんかあることに、目ぱちぱちはしなくなったけど、今度は咳払いしたりしてる時もあった。今も受験のストレスからか私にしかわからないような、変なくせ?してる時あるけど(家族も気が付かなくても母はわかる)最近では見ない様に・・・気が付かなかったことにしよう・・・と思うようにしてます。息子もそうだけど(笑)繊細で、優しい子だからこその事・・・いつかそんなこともあったわ~と思える時がきっときますよん。

By kaze09 10, 2006 - URL [ edit ]

>メロンパンナさん
テンプレ変更して第一号のコメントでした♪温かい言葉をありがとう♪(*^∇^)ノ”
そっかー。メロンパンナさんちのイケメンな息子さんにもそんなことが
あったのね…。こういう吃音とかチックとかって圧倒的に男の子に多いですよね?
これってやっぱり女の子よりも男の子の方が優しくて繊細ってことかなΣ( ̄Д ̄;)
私も幼児期の吃音は本当に気にせずにきて、いつの間にかなくなってたので
ホッとしたんだけど、今度は自然治癒は厳しそうかな…(;´Д`A ```
でも先のことは分かりませんもんね。いつか笑って話せる日が来ると私も信じたいです♪

By なでしこ09 12, 2006 - URL [ edit ]

息子さん、心がとても優しいんでしょうね。
野球をしてらして活発なタイプのようだから
不思議でした。
うちの子は行動は活発ですが、性格はそうではありません。
考え方もネガティブで引っ込み思案。
吃音になる子にもいろんなタイプがあるんですね。
吃音のことを人に話しても、「気にしすぎじゃないの?」みたいに
言われることが多くて、私はずっとモヤモヤしてました。
気にしすぎ、ではないことは私が一番よく分かってますから。
でも訓練をうけるようになって私も落ちついてきました。
吃音がある、出やすい性格であるということを受け止め、
前に進むことが大事なのですよね。
息子さんもうちの子も、いっぱい笑っていろんなことに
がんばって、大きく成長してくれたらいいですね。

By kaze09 13, 2006 - URL [ edit ]

>なでしこさん
やっと吃音のことを書けました。なでしこさんに背中を押してもらった気分ですi-179
実は昨日も色々あって、言葉の教室の先生のところへ行ってました。
また記事にしようと思ってますが…。なでしこさんの息子さんは新学期ってどうですか?
ウチの息子はこの時期はどうもダメみたいで(‥;)
私もね、吃音が出て初めて息子の繊細な部分に気づきました。
とにかく活発で面白くってクラスのムードメーカーだと言われてきたほど。
だから息子のそんな面に気づかなかった…後悔するとしたら、そこかな。
もやもやする気持ち、とーってもよく分かります。周りの受け止め方と
実際に不自由を感じてる本人&母の想いはものすごい温度差がありますよね。
100あるうちの99個いいところがあって、たった一つだけちょっぴり不自由なクセがある。
そんな風に思えたらいいけど、ここまで達観するには息子たちは幼すぎます。
本当に大変なのはこれからでしょうし、お互いマイナスの経験以上に
プラスの経験を積めるようにしてあげたいですね♪

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

kaze

Author:kaze
愛媛在住の関西人

<好きなこと>
 パン作り ピアノ
 たまに石けん作り
 手芸は広く浅く
 (今楽しいのは
 ポジャギとアジアンノット)
 韓国ドラマ
 空をみること

夫と娘(高3)息子(高1)の4人家族

夫の転勤で愛媛に来て
ついに10年目。
日々の生活は時間がある分
手をかけ丁寧に。
といっても無理はせず
自分が心地いいのが
一番ですね(^^)

WEBパン教室5期生として
試行錯誤しながら楽しく
自家製天然酵母のパンを
焼いてます。
(多忙につきちょっとお休み中)

今日も優しい風が吹きますように。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
リンク

月別アーカイブ
01  12  11  10  09  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。